未分類

未分類


Google Chrome でプロフィールエラーが発生

Google Chrome を立ち上げるとプロフィールエラーが発生。
動画も再生できない。再生できるようになったと思ったら音が出ない。
ブックマークのアイコンが表示されない。
などなど、様々な症状が出たけど Chrome を終了させた状態でタスクマネージャーを起動し、バックグラウンドプロセスにいた「Google Chrome」を全部やっつけたら治った。

治ったと思ったらら Youtube を再生すると症状が再発。
PCを再起動したら今度こそ治ったみたい。

コントとか

サンドウィッチマン全般
タイムマシーン3号「朝ごはん」

Google の検索結果に広告が表示される件

Google の検索結果に広告が表示されるようになった。
広告には「brought by Extension Food」と表示されていた。
「Extension Food」というプログラムをアンインストールしたら表示されなくなった。
インストール日付は 2013 年頃になっていた。現象を確認したのは 2015 年。

子供の伸ばし方

この記事より。

素質を褒めるより、努力や成果を誉めた方が良い。
もともとの能力を褒めると努力しようという意欲が失われる。
成果を褒める場合は具体的に褒めた方が良い。

幼少時は勉強よりもしつけ。
誠実さ、忍耐強さ、社交性、好奇心の強さなどが高いと伸びしろが大きくなる。
ウソをついてはいけない、他人に親切にする、ルールを守る、勉強をするということを教えられた人は、それらをまったく教えられなかった人より年収が86万円高い。
基礎を固めておけば伸びるという話は、まあ間違いないと思われるがどの要素がどの程度寄与しているのかも知りたいところ。
また、実際に教える具体例も欲しい。

高強度インターバルトレーニング

たった6秒激しく運動すれば健康を維持できることが明らかに。
衝撃的な見出し。週数回 30 分の運動は難しいけど 4 分なら出来そうな気がする。
来年の健康診断まで続けてみて大きな変化があるか確認してみたい。

情報源


ペッパー君

ペッパー君は致命的に外装がダサい。
なんで外装を変更できるようにしなかったんだろう。

最新応急処置マニュアル


正義の味方と悪の組織

比較画像が面白かった。
悪の組織は「大きな夢を抱いていて」「目標達成のための努力を怠らず」「組織で行動し」「よく笑う」
正義の味方は「目標がなく」「相手の夢を阻止するのが生き甲斐」「単独~少人数で行動し」「いつも怒っている」
ここから、ネットで誰かを叩いてる人を正義の味方とする文章がかけそう。

ブラウザ上のホワイトボード

簡単な図を添えれば伝わりやすくなるんだけどなぁと思うことがしばしばある。
図を書いて Google Spread 等に挿入する場合もあるけど、少し手間がかかるので簡易ホワイトボードがあると捗るかもしれない。

入力フォームの最適化に関すること

  • 入力条件を事前に指示する
  • エラーメッセージをフィールドの横に配置する
  • 必須の項目と任意の項目を区別しやすくする
  • ラベルをフィールドの上に配置する

情報源


中国カロリー計算

Wikipedia カロリーのページによると 1カロリー = 4.184 J
毎100克 1688千焦 とあれば 100g あたり 403.4(1688÷4.184) キロカロリー

遺伝子レベルでの一致

遺伝子の一致率を基準にすれば人は99%がチンパンジーであるし半分がバナナ。

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス

通常版より好きな味なんだけど、夜飲むと通常版よりも眠れなくなる。原因不明。
カフェインが短時間で発動し効果も短時間とすれば、カフェインレスの方は数時間後に発動し数時間覚醒状態になる。
だるくて疲れているのに意識は、はっきりしているという芳しくない状態に陥る。

PL/SQL

  • 動的SQLを用いない

濃縮野菜

旨味を引き出す塩の役割


上記リンク先では塩により旨味が強化されるという記述になっている。
何故強化されるかについては塩が旨味成分の伝達物質であるという説がある。

仮説を書いてみたは良いけど異なるそれらしき仮説もいくつも立てられるなぁ。
脳の感じ方だとか嗅覚との複合作用だとか。

仮説:旨味成分の相乗効果は受容体が異なるため

  • 受容体が受け入れられる量には限度がある可能性が高い。
  • 旨味成分によって受容体が異なる場合、適切な旨味成分の配合比率は受容体の受入限度量の比率と等しくなることが予想される。
  • 受容体が1つの場合は同程度ずつ配合するのが良いかもしれない。(弱予想)

仮説:体調によって味の感じ方が変化するのは受容体の受入限度量が変化しているため

  • 受容体が閉じたり開いたりしているかもしれない。(弱予想)
  • 受容体が受け取った情報を送る量を調整しているかもしれない。(弱予想)
  • 記憶や暗示によって感じ方が変化するのも単純に錯覚というわけではなく、受容体の受入準備が異なる可能性がある。

参考


重金属中毒と自閉症の関係


寝る前の食事

寝る前の食事は同カロリーであっても太りやすいということであれば、吸収効率が良いということではないか?
どうやら、摂取カロリー>消費カロリーという状況であれば活動時より安静時の方が脂肪に蓄えられやすいらしい。
まだまだ分からない点が多いが、睡眠数時間前に安静状態で食事を摂るのが理想的っぽい。

寝る前に食事(特に消化吸収に時間のかかる食事)を取ると消化吸収が始まるため、深い眠りにつけない。
これも良く分からない。食後に眠くなるという経験はないだろうか。そのように出来ているのであればそれに従っておいた方が良さそう。抗うとストレスが貯まるのではないか?それはわずかなメリット(仮にあったとしても)など吹き飛んでしまうほど良くないことではないだろうか。

睡眠中に消化活動を行うと消化器官に良くないという説もある。
疑わしい。まずはこの説を推しているところから見てまわる。

牛乳に含まれているトリプトファンがセロトニンに変化し、セロトニンがメラトニンの分泌を促す。ビタミンCもメラトニンの分泌を促す。
トリプトファンを摂取するにはタンパク質を摂れば良いが、高タンパク質の食事を摂ると輸送経路で競合する他のアミノ酸も増加するため結果として脳内に取り込まれるトリプトファンの量は減ってしまう。逆に高炭水化物の食事を摂ると上昇した血糖からインスリンが分泌され、それがトリプトファン以外の競合アミノ酸の筋肉への取り込みを刺激するため、輸送経路占有率が高くなり脳内に取り込まれるトリプトファンの量が増える。

トリプトファンからセロトニンへの合成経路
血液中のトリプトファンが脳内に取り込まれ、トリプトファンヒドロキシラーゼで5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)に変換される。5-HTPは5-HTPデカルボキシラーゼによって、セロトニンに変換される。

参考


あとで見る


アミロースとアミロペクチン

デンプンは構造によってアミロースとアミロペクチンに大別できる。

時間の経過したコンビニおにぎりは美味しくないが、餅米を利用したものはそうでもない。これは餅米のアミロース含量が低い(アミロペクチン含量が高い)ためデンプンの老化(水分子の再結合)が進みにくいから。分岐の多いアミロペクチンは保水力が高く分子間で水素結合が起こりにくいからと考えられている。

アミロース/アミロペクチンともに無味無臭だが、一般的に美味しいとされている米はアミロペクチン率が高い。おもに粘りに差が出る。(ココシヒカリのアミロース含量は16%前後だが、他の粳米のアミロース含量は25%前後)アミロース/アミロペクチン比率は品種差の影響が大きいが、産地の影響も受ける。アミロース/アミロペクチン比率だけで味が決まるわけではないが、日本人にとっての美味しさ(粘度が高いものを好む)に最も寄与していると考えられている。かといってアミロース含量0%の餅米が一般食に最も適しているかと言うとそうでもないらしい。もち米に近づくほどもち臭さが増すそうな。美味しいと思うけど。
タンパク質含量も味に大きな影響を与える。タンパク質含量が高いほど「粘り」と「味」の評価が落ちると言われている。

参考


シュレッダーで裁断した紙から情報を復元

まだあまり効率の良い方法は考案されていない模様。

サービスの開始と停止

コントロールパネル > 管理ツール > サービス

コマンドプロンプトからサービスの開始と停止

目的のサービス名が "MySQL" の場合のコマンド
サービス開始は "net start MySQL"
サービス停止は "net stop MySQL"

  • 最終更新:2017-02-10 22:19:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード